キリン堂グループ 新卒採用 総合職

キリン堂グループ 新卒採用 総合職 キリン堂グループ 新卒採用 総合職

MENU

 社員インタビュー/ブロック長 スタッフが生き生きと 働けることが、私の喜び。 兵庫第13ブロック ブロック長/1995年入社 朝倉 久仁子

キリン堂に入社を決めた理由

初めからドラッグストア業界を志望していたわけではありませんでしたが、キリン堂の仕事はお客さまの健康についての悩みを聞き、それに応えるかたちで商品を販売することだと聞いて興味を持ちました。幼い頃の私は身体が弱く、母親に心配をかけた身。今度は自分が、お客さまの健康を守りたいと思い、入社を決めました。

お客さまに喜んでいただけることが、ひとえに嬉しかった

  • 1995年に入社後、5年目で店長になり、15年目にブロック長に。一見、順調にキャリアアップしているようですが、実際は失敗と挫折、そして成長…の連続でした。

    入社して最初に配属された加古川サティ店は自然食品の専門店。アレルギーや持病などの事情を抱えた、健康への意識の高いお客さまが多く来店されていました。対して、当初の私は圧倒的に知識不足。その場しのぎでお答えしてしまい、お客さまからお叱りをいただくこともありました。でも、きちんと研修を受けて勉強し、ニーズに合う商品をおすすめできるようになると、興味を持ってご購入いただき、後日「あの商品良かったよ」と声を掛けていただけるようになりました。それがとても嬉しくて、また別のお客さまにおすすめして気に入っていただいて…と、どんどん自信とやりがいが膨らんでいきました。

  • ブロック長

お客さまに商品をおすすめしてご購入いただき、感謝していただける喜び。そのサイクルが、楽しく仕事をするエネルギーとなっていました。

辞めるはずが一転、店長になり改めて学んだ「思いやり」の大切さ

  • ブロック長
  • 仕事に慣れてくると、今度は別のキャリアもあるのではないかという迷いが生じるもの。そんな私に、上司は千里丘店の店長というチャンスを与えてくれました。「せっかくだから頑張ろう!」と軽い気持ちで引き受けたのですが、実際の大変さは想像以上。それまではお客さま対応が主な業務でしたが、売上目標達成のための戦略やスタッフ管理など、スタッフ時代に分からなかった店長の仕事の大変さに圧倒され、今まで当たり前に思っていた店長という存在の偉大さを知りました。また、お店は年上のスタッフばかりで、自分が思ったようにマネジメントができないこともありました。でも、その原因は私が年下だからではなく、店舗運営に関して自分の考えをきちんと他のスタッフに伝えていなかったことにありました。全員で協力すべき場面もあるのに、店長は売上目標に対して頑張ってさえいれば、みんな勝手についてきてくれると、初めは勘違いしてしまっていたんです。

    ブロック長

そんな私を見かねたブロック長が、店長の心得から、具体的な仕事内容、やり方、売り上げのつくり方などを、一から教えてくれました。スタッフへの思いやりが、まずは何より大切だ、と分かりました。自分の力不足が悔しくてたくさん泣きましたが、支えてくれる上司やスタッフに認めてもらえるように自分を変えたいと、頑張ることができました。

キャリアを積むほど気づく、新しい学びとやりがい

  • ブロック長を任せられたのは7年前です。正直、店長の上に立つ偉そうな役目というイメージでしたが、実際はむしろ逆。店長たちにブロックの方針を伝え、理解し、実践してもらう。つまり、協力を仰ぐ立場であり、より謙虚さが求められます。

    私は初の女性ブロック長ということで、「他の人に負けずに頑張ろう」と、張り切っていました。ただ、必要以上に自分を大きく見せようとして、最初は周りの人と打ち解けるのが難しかったことも…。でも、キャリアを積むほど必要なのは、謙虚さと素直さ。そう気づいてありのままの自分で接することで、少しずつ打ち解けていくことができました。

  • ブロック長

そして今、私が思うブロック長として大切なこと。それは、「店舗スタッフに、いかに仕事が楽しいと感じてもらえるか」です。みんなに、いかに仕事が楽しいと思ってもらえるかが大切で、楽しくやりがいを持って働いていたら自然と結果が出た、売り上げが上がったというかたちが、理想的だと思っています。そのために、自分がどう舵を切って、店長達にもモチベーションを上げてもらって納得して取り組んでもらうか…。ブロック長という仕事の奥深さ、面白さを感じながら、日々奮闘しています。

私の仲間たち

目覚まし時計 一日のスケジュール

  • 7:00

  • 起床。
    朝食中に、テレビで今日の占いをチェックします。
  • 9:15

  • 担当の店舗で朝礼に参加した後、PCでメールと前日の売上等を確認。
  • 10:00

  • 開店。
    スタッフが忙しそうであれば、接客をしながら社員やパートさんを指導。
  • 12:30

  • 別の店舗へ移動する合間に、お気に入りのお店で昼食。
    サービスランチが毎日楽しみです。
  • 14:00

  • 担当の2店舗目に到着。
    店長と店をチェックしながら、パートや薬剤師とも情報交換。
  • 16:00

  • 3店舗目に行き、社員と面談。
    最近悩んでいることに対してアドバイスを行います。
  • 19:00

  • 業務終了、定時退社。
  • 20:00

  • 帰宅して、録画した番組を見ながら夕食。
  • 0:00

  • 趣味である、バドミントンの素振りで気分転換。
    汗を流して、就寝。