キリン堂グループ 新卒採用 薬剤師

キリン堂グループ 新卒採用 薬剤師 キリン堂グループ 新卒採用 薬剤師

MENU

社員インタビュー/OTC併設の薬剤師 薬局の枠を飛び越えて積極的に 多角的な健康サポートを実施 北花田店/2014年入社 林 茉利奈

キリン堂に入社を決めた理由

店舗見学の際に感じた、上司と部下の距離の近さです。薬局内で全員が気さくに話している光景を見て、上下関係で悩むことはなさそうだと安心できたと同時に、私もこの和気あいあいとした雰囲気の仲間に入りたいという気持ちが強くなりました。また、キリン堂が掲げる「未病」の考え方に共感したのも理由の一つです。

併設ならではの提案力を活かして、患者さん満足度アップ

  • ドラッグストア併設型薬局の魅力は、プラスアルファの提案がしやすいこと。処方箋を持って来られた患者さんに薬をお渡しするだけではなく、例えば風邪で辛いときには、保湿性に優れたマスクやティッシュ、栄養ドリンクなどを紹介し、関心のある方には、売り場にご案内するようにしています。

    また、処方箋をもって来られた際に、ご自身やご家族の健康面で気になっていることについて、ご相談くださる方もおられます。それが生活習慣についての相談であれば、実際にできそうな改善策を一緒に考えてアドバイスをします。気になる健康食品に関する質問の場合は、商品説明をして、その方にふさわしいものであり、取り扱いがある商品であれば、売り場にご案内します。「肩や膝が痛い」、「ちょっと指をケガした」というようなことであっても同様に湿布薬や包帯、ガーゼ、ばんそうこうなど、店内にある商品をご紹介しています。

  • OTC併設の薬剤師

「ドラッグストアには健康になるための商品が揃っている!」 と思って来店される方も多く、その期待は併設の薬局に対しても向けられます。多岐にわたる質問や相談に対して、「ありません」「わかりません」とお答えすることがないよう、空き時間にはドラッグストアの売り場にどのような商品が並んでいるのか、最近の流行はどのようなものなのか、逐一チェックするようにしています。

患者さんに寄り添い、かかりつけ薬局としての地位を確立

  • OTC併設の薬剤師
  • 私は新人の頃から上司に、自分のファンを一人でも多く作るよう言われてきました。確かに、周りの先輩薬剤師を見ていると、皆それぞれに名前で呼び合う関係性が築かれた患者さんがおられます。そのため、私も患者さんの顔と名前をいち早く覚え、不安や悩みを聞き出す力、それを解消できる知識、プラスアルファの提案力を身につけるよう努力してきました。

    OTC併設の薬剤師

中でも、キリン堂の新人薬剤師全員が受講するプライマリー心理カウンセラーの研修は、とても役に立ちました。定期的に来られる患者さんに対して「お変わりないですか?」と伺っても、「ない!」と答えられる方はけっこういらっしゃいます。でも、日常生活の中で何も変化がないということはありえません。食欲がない、疲れやすい、身体のどこかが痛いなど、ちょっとした変化や、心の奥底に抱えている問題などはきっとあるはず…そのようなことを上手に聞き出すテクニック、「ない!」ではなく「あぁ、そう言えば…」とお答えいただけるようなアプローチの方法は、研修中に同期同士で患者さん役と薬剤師役に分かれて重ねたトレーニングにより磨かれたのだと思います。今では、「林さんいる?」と訪ねてきてくださる方も増え、大きな喜びとやりがいを感じています。

受け身ではなく自ら踏み出し、仕事の幅を広げていく

  • 毎日たくさんの患者さんと接していますが、中には本当は薬を飲む必要のない方もいらっしゃいます。薬の力に頼らずとも、食事に気を付けたり、運動をしたりするだけで改善される症状なのに、薬の他に何も工夫をされないのは、とてももったいないことだと思います。

    そのような患者さんに対しては、生活習慣改善のアドバイスをします。ドラッグストアに買い物に来られている時でも、気づいたらお声掛けするようにしています。そして、例えば普通のサラダ油ではなく、体に良いオイルのお話をしたり、豆乳の良さをお話したりします。サプリメントを希望される場合は、一緒に探したりするなど少しでもセルフメディケーション支援のチャンスがあれば、積極的に出ていくようにしています。

  • OTC併設の薬剤師

そして今後はもっと自身の幅を広げて、外にも出ていかなければと考えています。今はもう、薬局の薬剤師だからといって、薬局内にいて処方箋を持って来られる患者さんを待っているだけの時代ではありません。医師をはじめ、ナースや作業療法士、ケアマネージャー多職種連携の医療チームの一員として、存在感を発揮していきたい、施設や患者さんのご自宅にも一緒に出向き、薬の専門家としてのサポートをしていきたいと考えています。

私の仲間たち

目覚まし時計 一日のスケジュール

  • 7:00

  • 起床。
    ニュースチェック。
    早目に出社します。
  • 9:00

  • 開局準備を整えたあと、メールチェックと社内連絡をします。
  • 10:00

  • 処方箋をお持ちになる患者さんが増え始めます。
    お待たせする時間にも気を配りながら、丁寧に調剤し服薬指導をします。
  • 12:00

  • 業務の合間に、午後に必要な医薬品の在庫を確認し、不足分を発注します。
  • 13:00

  • 昼休憩。
    主に本を読むなど、自己学習の時間にあてています。
  • 15:00

  • シフトの調整や申請書などの局長業務。
    その後、ピーク時に書き終えなかった薬歴を記載します。
  • 18:00

  • 午後の処方箋受付が始まります。
    午前同様、お待たせする時間も気にしつつ、丁寧で正確な調剤と服薬指導を心がけます。
  • 19:00

  • 在庫状況を確認し、明日のための発注をします。
    最後に、明日の連絡事項を確認します。
  • 20:00

  • 薬局業務終了後、同期と飲み会。
    お互いの今日の反省点はもちろん、相談事にものります。